2011年12月28日

今年最後の行事は26日の「あすぱる」での竹の箸作りでした。
小学校高学年7名と「あすぱる」のスタッフ1名の8名が参加しました。
先ずは、割り箸を使ってのナイフの使い方を学習しました。
ほとんどがナイフを使うのは初めてで上手く使えません。
怪我をしないような注意点をしっかり覚えて貰いました。

箸作りの最初は身体にあった箸の長さの計算です。
親指と人差し指を直角に広げて指先の距離(アタ)を測り、それを1.5倍したのが箸の長さです。
みんな初めて聞くことでびっくりしていました。
箸の長さをカットしたあとはひたすら削るのみです。
ある程度までナイフで削り、あとはサンドペーパーで整えます。
80番と240番で整えました。
最後に紫蘇油を塗って完成です。

みんな苦労をしましたが出来上がりの箸に満足です。
お正月のおせちはマイ箸で食べると言って喜んでいました。

これで「どこ竹彩の国」の今年の行事はオシマイです。
来年も多くの子供達と遊びたいと思います。

IMG_0225IMG_0231IMG_0230 

どこ竹彩の国dokosai at 18:41│コメント
(0)
トラックバック(0)竹工作あれこれ2011/12/28更新 │

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字